NPO法人災害ボランティアネット

オンライン寄付はこちらから

ホーム > ブログ > 東北支援活動(2016年7月)

ブログ

東北支援活動(2016年7月)

【投稿日:2016年07月29日|カテゴリ:お知らせ

2016年7月13日(水)~15日(金)に、宮城県石巻市で支援活動を行ってまいりました。
雄勝町水浜地区「水浜漁村センター」と、北高飯野川校グラウンドでの活動でしたが、様々なお話を聞くこともできました。

【水浜地区】

DSCN5119 DSCN5112

・仮設の生活にも慣れたし、ご近所さんも沢山出来たと思ってたけど、家が出来て、元々の村の人とまたご近所さんになったら、離れてた数年間が嘘のように、何も気を使わず、言いたい事をそのまま言える関係がすぐ再開できた。

・仮設だと、隣の人の音が嫌とゆーほど聞こえたけど、一軒家に戻ったらとても静かに暮らせる。

・海が怖い、嫌いになったとゆー人も中には居るけど、私に海が見られずに生活していた時間は淋しかった。やっと海を見ながら暮らせる。

・本当に長かった。

・やっとこれで、元の生活をスタートさせる第一歩が踏み出せたけど、100世帯(あやふやです😱😱)程が水浜から出ていってしまって、すぐ高齢化社会になってしまうから、不安もある。

DSCN5127 DSCN5123
DSCN5130

【北高飯野川高】

震災当時、まだ3~4年生だった彼女達がもー来年には高校生になる。
すっかり心も大人になって、みんな穏やかな顔になってるように感じました。

DSCN5132 DSCN5141

参加したメンバーの所感です。

「3月の法要以来の支援活動に参加して、感じたことです。
以前に会ったことのある子ども達が、大きくなって成長をしている姿に、改めて年月の流れを感じました。
また水浜の復興住宅が完成をして、水浜の方々が地元に戻られたことは良かったと思いますし、戻れて良かったと言う声が聞けました。
その一方では、まだ復興住宅の基礎を作っている現場を通り過ぎた時、工事の遅れを感じ、まだ仮設住宅で生活を余儀なくされている方々は、どんな思いでいるのかと言う事が思い浮かびました。
改めて年月の流れの早さと、中々進まない現実を感じた支援活動でした」

DSCN5143 DSCN5147