NPO法人災害ボランティアネット

お問い合わせ

ホーム >  ブログ

ブログ

坂東市ボランティア活動 10月9日

【投稿日:2020年11月23日|カテゴリ:お知らせ

10月9日(金)、茨城県坂東市にて、「放課後等デイサービス おとっぷ」の活動を支援してまいりました。

「おとっぷ」は、坂東市で活動している障害児童支援団体で、放課後を中心に、様々な学習企画を運営しています。
今回私たちは、企画の一つ「第9回 ラーメン大会」に参加してきました。

様々な店の、さまざまな種類のラーメンを食べ比べる「食育」企画。
私たちのラーメンが受け入れらるか心配でしたが、「おいしい!」「もっとおかわりする!」という声に、メンバーもにっこり。
大切な時間をいただくことができました。

新型コロナウィルス感染症に関する諸問題のため、当会も活動を自粛してきましたが、できるところから、少しずつ活動をしていきたいと思います。
どうか皆様のご理解ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

石巻市ボランティア活動 1月21日~22日

【投稿日:2020年01月29日|カテゴリ:お知らせ

 

1月22日(火)~23日(水)
石巻市雄勝の「水浜復興住宅」と、「雄勝中央復興住宅」にて、活動をしてまいりました。

「水浜復興住宅」は、2011年5月からお付き合いさせていただいている地区の皆様です。
久しぶりの水浜地区は、道路・港湾設備が整備されていました。

ラーメンとおでんで、身も心も温まり、おしゃべりも弾んでいました。
会話での一言を紹介します。

「こういう、みんなで食事をする場がとてもたいせつだよねぇ…
避難所の時はプライバシーなんて言ってられなかった。
隣同士付き合わなくてはならない。
仮設住宅での生活は、壁一枚で隣の声がきこえた。
最初は気になってたけど、しばらくたつと声が聞こえることがなんとなく安心したよね。
駐車場も共同だから、しばらく居なかったりすると「どうしたのかなぁ」て気になったりする。
でも、復興住宅になると仮設住宅とは違って、別々の住宅だから
孤立したり、ひきこもりになる人が増えてしまう。
だからこそ、こういう交流会がこれから益々必要になる」

 

 


2日目、空いた時間を利用して、南三陸の「南三陸さんさん商店街」へ行ってまいりました。
震災当時、津波で大きな被害を受けた南三陸町も、復興が進み、道路・岸壁はきれいに整備されていました。
また防災センター周辺は、「南三陸町震災復興祈念公園」として再整備が進められていました。
まさに「これから」という息吹を感じました。

2日目の夜は、「雄勝中央復興住宅」。昨年お邪魔した際は集会所が建設されていませんでしたが、今回は新築の集会所での活動となりました。


大勢の方々があつまり、隣接している駐在所の警察官も同席。とても和やかな会食となりました。
復興住宅の方がおっしゃったとおり、これからが肝要のようです。
皆様のご支援、よろしくお願いします。

『ボランティアネット通信号外』のご案内

【投稿日:2020年01月23日|カテゴリ:お知らせ

2019年秋の台風の被害により、今も避難生活・被災生活を余儀なくされている皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

当会でも、2019年11月より、台風被災者への支援を開始しております。

活動内容を、『ボランティアネット通信2019年版 号外』としてまとめました。

「活動報告」のページより、ダウンロードが可能です。

活動記録

2020年 新春のご挨拶

【投稿日:2020年01月23日|カテゴリ:お知らせ

昨年中は、多くの皆様から心温まるご支援を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。

今日まで支援活動を継続させることができたのも、ひとえにご支援をくだっさた皆様のおかげです。

重ねて厚く御礼申し上げます。

本年も変わらぬご理解とご協力、そしてご支援のほどを宜しくお願い致します。

また新年のご挨拶が遅れましたこと、お詫び申し上げます。

石巻市ボランティア活動 4月23日~24日

【投稿日:2019年05月13日|カテゴリ:活動報告

石巻市の「二子復興住宅」の「二子西町内会館」にて、二日間の活動をしてまいりました。

ここには、飯野川北校仮設・追波川運動公園仮設などに住んでいた時、いくどもともに活動をした人々が多数居住した復興住宅です。

DSCF4650 DSCF4667

 立派な会館にキッチンカーを隣接させ、初日はオードブルとラーメン、二日目はラーメンとギョウザのセットを作り、皆さんで食事を楽しみました。

「夜になると、お年を召した方々は外に出たがらない。
夕食を作るとなると、40人くらいしか参加できないかも…」

現地の方の意見を参考に、60人くらいの食事を想定していきましたが、キッチンカーが到着すると聞くや否や、次々に人々が集まってきました。

DSCF4682 DSCF4684 DSCF4700

仮設住宅でともに活動した方々や、当時は小学生だったであろう立派な高校生など、懐かしい人々です。

100人を超える参加者に、うれしい悲鳴の連続でした。

*   *   *

茨城への帰路の途中、福島県富岡町の夜の森地区を視察してまいりました。
除染が進み、町内各地にあるモニタリングポストの数値は、安全な数値を示していました。
しかし、人気のない学校・児童館、「帰宅困難区域」の掲示板が建つ街道、「ソーラータウン分譲中」の文字が寒々しく映る真新しい看板――
厳しい現実は、そこにありました。

その中でも、わずかにみられる住民の自動車と、おおきく枝を広げる源平桜に、すこしだけ心が安らぎました。

DSCF4736 DSCF4746 DSCF4728 DSCF4768

石巻市ボランティア活動 1月22日~23日

【投稿日:2019年02月09日|カテゴリ:お知らせ

宮城県石巻市にて活動してまいりました。

雄勝水浜復興住宅の集会所「漁村センター」と、
雄勝地区の仮設商店街「雄勝店こ屋街」での、
ラーメン&おでん炊き出しです。

DSCF4228 DSCF4259

雄勝湾に面した「雄勝店こ屋街」のすぐ近くで、巨大な防潮堤の工事をしております。
防潮堤の中外をつなぐトンネルには、巨大な鋼鉄製の扉が設置されています。

あまりの巨大さに、「ここまでのものを作る必要があるのかな」という声もあるそうですが、
東日本大震災の被害を実感する人にとって、防潮堤はなくてならない、安心と安全のとりでなのでしょう。

DSCF4254 DSCF4249

工事は着々と進められており、それにおうじて道路・電気・上下水道などの都市インフラも整備されています。
また雄勝地区には、巨大な橋梁の土台も建設されており、大がかりな幹線道路の設計もされているようです。
復興住宅とその都市区画の建設は、きわめて順調と言えましょう。

DSCF3845 DSCF3847

現在、仮設住宅はそのほとんどが閉鎖され、移転の都合上まだ居続けなければならない一部の人を除いて、そこに住人は住んでおりません。
2019年3月いっぱいをもって、すべての仮設住宅は閉鎖され、撤去作業が始まります。

一つの終わりは、一つの始まりとなります。
この始まりが、石巻に住む人々の幸福と安心につながることを願うばかりです。

謹賀新年

【投稿日:2019年01月01日|カテゴリ:お知らせ

昨年中は、多くの皆様から心温まるご支援を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。

今日まで支援活動を継続させることができたのも、ひとえにご支援をくだっさた皆様のおかげです。

重ねて厚く御礼申し上げます。

本年も変わらぬご理解とご協力、そしてご支援のほどを宜しくお願い致します。

「東北三教区 子どものつどい6 in 山形」

【投稿日:2018年09月18日|カテゴリ:お知らせ

「東北三教区 子どものつどい6 in 山形」に行ってまいりました。

DSCF3831 DSCF3828

このつどいは、東日本大震災およびそれにともなう福島第一原発事故の影響を受け続けている親子が、思う 存分のびのびと活動し、普段こぼせない愚癡などを語り合う場として開かれたものです。
私たちはラーメンとわたあめを準備し、キッチンカーとともに参加してまいりました。
東北地方だけでなく、名古屋、京都、新潟などの各地から支援団体が集い、大きな集まりとなりました。

IMG_20180916_183736 DSCF3834

福島で活動した時に、私たちが作ったラーメンを食べてくれた子どもたちが、そのことを覚えていてくれて、キッチンカーにまた来てくれました。
「ここのラーメン、すごくおいしいんだ!」
思わず顔がほころぶ一瞬です。

東日本大震災をはじめ、熊本、常総、西日本豪雨、大阪府北部地震、台風21号被害、北海道地震と、日本各地で自然災害に苦しむ人々が大勢います。
「共に生きるが、どこで成り立つか?」
私たちはこの問いを胸に、これからも活動を続けてまいります

石巻市ボランティア活動 6月7日~8日

【投稿日:2018年06月19日|カテゴリ:お知らせ

宮城県石巻市では、2018年7月をもって、市内の全仮設住宅の閉鎖を予定しております。長いことお世話になった仮設住宅集会所。
そこで行う最後の支援活動のため、「追波川運動公園仮設」「三反走仮設」に行ってまいりました。

DSCF3308 DSCF3310

両仮設住宅の近くには、長らく支援活動の拠点としていた「上品の郷」があります。
かつそこからは、広大な水田地帯が広がっていました。
しかし現在は、「二子復興団地」が、すごいスピードで建設されております。

DSCF3385 DSCF3383

遊水地や堤防などの災害インフラをまず建設し、その後に道路と住居区画、そして住宅が立てられ、最後に集会所などの公共施設を建設しております。
公園もありますが、そこにはベンチがあるだけで、目立つ建築物はありません。「まず生活環境を」という路線が明確に感じられます。

DSCF3343 DSCF3334

その後、雄勝地区の中心に建てられた復興住宅「雄勝中央団地」にも行きました。
海に面した高台に建てられた復興住宅には、さわやかな海風が吹き抜け、とても眺めの良い立地です。
ここでは大規模な堤防・防潮堤に、片側二車線にまで広がる大きな道路が建設中であり、重トラックがひっきりなしに通っています。

DSCF3349 DSCF3326

三反走仮設の集会所は、ちょうど支援の翌日に、集会所の鍵を市役所に返却することとなっていました。
名実ともに、仮設集会所最後の利用です。

DSCF3388 DSCF3396

仮設住宅には、また十数名以上の人々が暮らしていましたが、そのほとんどが建設中の復興住宅に移転を予定している方だそうです。
6月中にはほとんど完成し、完成次第すぐに引っ越すのだそうです。
またそのあともしばらく残る方もいるそうですが、それは自力で自宅を建設しているかたで、これも完成次第引っ越す予定だそうです。

いずれにせよ、住宅を最優先にしており、集会所の建設は今秋以降の着工となるそうです。
完成は、来年以降の予定だそうですが、未定の部分も多いとのことです。

しかし、住環境の変化は、住民の心に少なからぬ影響を与えます。
以前、仮設住宅の統合・分散の際に、そのまま外出しなくなったかたや、環境の変化から体調を悪くされた方が見られました。
私たちの支援活動が、少しでもその方々の心の支えになれば、と、願ってやみません。

石巻市ボランティア活動 3月14日~15日

【投稿日:2018年03月23日|カテゴリ:お知らせ

宮城県石巻市でのボランティア活動。
完成した復興住宅と、仮設住宅で、ラーメンを作ってきました。

DSCF3150 DSCF3151
あの日から7年。
そこで、「この7年間を振りかえって」という題で、お茶を飲みながらいろいろと語り合っていただきました。

町はどうなったのか。仕事は、人間関係は、どのような変化があり、また変わらなかったものはあったのか。

DSCF3167 DSCF3163

「今年の3月11日も、あの地震があった3月11日も、自分にとっては変わらない1日だし、それはこれからも変わらないと思う」

DSCF3173 DSCF3177

2018年7月をもって、すべての市内の仮設住宅が撤去されるとのことにより、6月までには仮設住宅に入居している人々は、新しい復興住宅や賃貸住宅を確保して出ていかなければいけません。

ここから数か月の支援活動は、これからの新しい支援活動を模索するための時間であり、もう一度交流を深めなおすための時間でもあります。
その時間をたいせつにして、活動を続けていきたいと考えております。